新幹線/Shinkansen 新幹線/Shinkansen トップページに戻ります

トップへ戻る

E7・W7系 2/2ページ

< 前へ

次へ >

JR東日本に、E7系が18本。JR西日本に、W7系が11本在籍。(2016年4月現在)

日本海

北陸新幹線 E7/W7系 上越妙高~糸魚川

 糸魚川で、最も日本海寄りを走る北陸新幹線。

ここからすぐ西の、新潟・富山県境付近は、北アルプスが日本海に接する急峻な地形で、鉄道も道路も海岸線ギリギリを走るが、新幹線はトンネルで通り抜けるので、その景色を見ることはできない。

立山連峰

北陸新幹線 E7/W7系 黒部宇奈月温泉~富山

 列車名に採用されている、標高2,999mの剱岳。

最も近づくのは、富山と黒部宇奈月温泉の間。

山頂まで30キロほど離れているので、いつも姿を見せてくれるわけではないようだ。

積雪対策

北陸新幹線 E7/W7系 飯山~上越妙高

 長野から金沢までの区間は、沿線の積雪量が地域によって異なるため、貯雪式高架橋が採用されるほか、防音壁を内側に伸ばしたような半雪覆式の区間、融雪パネルを設けた区間など様々だ。

また、富山県内では、除雪車が投雪するための隙間を設けた高架橋も見られる。

 写真の、新潟県上越妙高付近は、線路沿いにスプリンクラーが設置されているので、線路上の積雪は全くない。

Copyright (C) 2018 Bullet-train.jp. All Rights Reserved

新幹線/Shinkansen トップページに戻ります