新幹線/Shinkansen 新幹線/Shinkansen トップページに戻ります

トップへ戻る

N700系(16両編成) 2/3ページ

< 前へ

次へ >

N700Aは、現在も増備中です。

省エネルギー

東海道・山陽新幹線 N700系 徳山

 加速性能を大きく向上し、発車から3分で時速270キロに達するN700系。と同時に、同じ時速220キロ走行で比較した場合、消費電力は0系のおよそ半分。

最初のN700系の開発は、2007年の「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞し、2013年には、N700Aが、再び受賞した。

時速 300/285キロ

東海道・山陽新幹線 N700系 米原~京都

 山陽新幹線区間の最高速度は、時速300キロ。

東海道区間では、2015年3月におよそ23年ぶりに最高速度が引き上げられ、時速285キロ。

車体傾斜システムで、カーブでの減速が少なく、また、加速が鋭いので、総合の所要時間が短縮され、東海道・山陽新幹線の歴史上、最も速い新幹線となる。

スプリンクラー

 東海道新幹線の、岐阜県から滋賀県にかけて、冬季に、しばしば積雪が見られる。

雪が降り始めると、沿線ではスプリンクラーが作動。車体・足回りへの着雪を防ぐ。

Copyright (C) 2018 Bullet-train.jp. All Rights Reserved

新幹線/Shinkansen トップページに戻ります