新幹線/Shinkansen 新幹線/Shinkansen トップページに戻ります

トップへ戻る

N700系(8両編成) 2/2ページ

< 前へ

次へ >

JR西日本に19編成、JR九州に11編成在籍。(2016年4月現在)

35‰(パーミル)

山陽・九州新幹線 N700系(8両編成) 博多~新鳥栖

 九州新幹線は、福岡・佐賀県境の背振(せふり)山地を、全長12キロ近い筑紫トンネルで通り抜ける。

トンネル内と、その前後は、35‰(パーミル)の急勾配となっており、写真の、トンネルへ向かう高架橋も急勾配で、最高35メートルもの高さがある。

世代交代

山陽・九州新幹線 N700系(8両編成) 相生~岡山

 山陽新幹線内では、「みずほ」「さくら」の運転本数が増え、代わりに「ひかり」は減少。

このN700系8両編成の運用が広がり、「こだま」で走ることもある。

最大勢力

山陽・九州新幹線 N700系(8両編成) 熊本

 山陽・九州新幹線直通用の8両編成のN700系は、N700系の7000・8000番台に区分される。

東海道・山陽新幹線用の16両編成と、山陽・九州直通用の8両編成を合計すると、N700系全体では、2,200両以上が在籍。新幹線を代表する形式となった。(2016年4月現在)

Copyright (C) 2018 Bullet-train.jp. All Rights Reserved

新幹線/Shinkansen トップページに戻ります